なるほど告知欄じゃねーの

■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

メモスレ

1 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/05/03(日) 10:38:04
何でも

24 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/06/27(土) 11:56:36
https://academic.oup.com/zoolinnean/article-abstract/doi/10.1093/zoolinnean/zlaa044/5860401?redirectedFrom=fulltext
22 June 2020
Tanyrhinichthys mcallisteri, a long-rostrumed Pennsylvanian ray-finned fish (Actinopterygii) and
the simultaneous appearance of novel ecomorphologies in Late Palaeozoic fishes
後期古生代魚類における長吻のペンシルバニア産条鰭綱魚類(Actinopterygii)のTanyrhinichthys mcallisteriと新規生態の同時出現



















25 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/06/27(土) 11:58:07
チョウザメに似てるけど進化論的に異なる道を経てきたという

26 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/07/03(金) 00:22:16
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0235342
Armored eyes of the whale shark

Published: June 29, 2020
https://doi.org/10.1371/journal.pone.0235342

ジンベイザメの目の周りの防御にサメ肌と違うdermal denticlesシステムを使っているという話
https://www.britannica.com/science/dermal-denticle


27 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/07/03(金) 00:24:38
>>26
みっちり
https://journals.plos.org/plosone/article/figure/image?size=original&download=&id=10.1371/journal.pone.0235342.g002

28 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/07/07(火) 12:55:40
ちょっと前のだけど
https://www.nsf.gov/discoveries/disc_summ.jsp?cntn_id=300350&WT.mc_id=USNSF_1
Research News
Deep-sea worms and bacteria team up to harvest methane
Newly discovered methane-fueled symbiosis between sea-floor worms and bacteria


advances.sciencemag.org/content/6/14/eaay8562.full
Research ArticleMICROBIOLOGY
Methanotrophic bacterial symbionts fuel dense populations of deep-sea feather duster worms (Sabellida, Annelida)
and extend the spatial influence of methane seepage
Science Advances 03 Apr 2020:
Vol. 6, no. 14, eaay8562
DOI: 10.1126/sciadv.aay8562

29 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/07/07(火) 12:57:11
>>28
つづき

Abstract
Deep-sea cold seeps are dynamic sources of methane release and unique habitats supporting ocean biodiversity and productivity.
Here, we describe newly discovered animal-bacterial symbioses fueled by methane,
between two species of annelid (a serpulid Laminatubus and sabellid Bispira)
and distinct aerobic methane-oxidizing bacteria belonging to the Methylococcales,
localized to the host respiratory crown.
Worm tissue δ13C of −44 to −58‰ are consistent with methane-fueled nutrition for both species,
and shipboard stable isotope labeling experiments revealed active assimilation of 13C-labeled methane into animal biomass,
which occurs via the engulfment of methanotrophic bacteria across the crown epidermal surface.
These worms represent a new addition to the few animals known to intimately associate with methane-oxidizing bacteria and
may further explain their enigmatic mass occurrence at 150–million year–old fossil seeps.
High-resolution seafloor surveys document significant coverage by these symbioses, beyond typical obligate seep fauna.
These findings uncover novel consumers of methane in the deep sea and, by expanding the known spatial extent of methane seeps,
may have important implications for deep-sea conservation.

30 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/07/08(水) 19:39:57
https://www.pnas.org/content/117/27/15443
Extreme climate after massive eruption of Alaska’s Okmok volcano in 43 BCE and
effects on the late Roman Republic and Ptolemaic Kingdom
PNAS July 7, 2020 117 (27) 15443-15449; first published June 22, 2020 https://doi.org/10.1073/pnas.2002722117

https://www.nsf.gov/news/mmg/media/images/RN%20ancient%20volcano.jpg
Alaska's Umnak Island showing the huge, 10-km-wide caldera created by the 43 BCE Okmok II eruption.

紀元前43年のアラスカのオクモク火山の噴火が寒冷化を引き起こし
ローマ帝国とプトレマイオス王国に影響を与えた可能性

31 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/07/10(金) 00:17:27
https://www.fs.usda.gov/Internet/FSE_DOCUMENTS/fsbdev3_033146.pdf

きのこ

32 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/07/17(金) 00:59:37
その通りだと思ったレス

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1594868479/28
28 名前:不要不急の名無しさん[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 13:36:33.24 ID:Z5Zr08310
>>23
定義となると難しいけど、もうこれはこの手のスレを見かける都度に書いてきたことだが、
新型コロナは症状が普通の風邪と同じという訳ではなくて、変異が早く、無症状者も多いので感染力が強力だというのが、
普通の風邪と同じということ
さらに抗体が長持ちしない、これも、普通の風邪と同じ

そんなのはまともなワクチンを作れないし、感染拡大を抑えることも出来ない
社会全体が何度もかかって、集団免疫のさらに先、自然免疫を身につける所まで慣れるしかないんだわ

もうここまできたら押さえ込みは絶対に不可能、薬も対症療法が限界、ワクチン作れてもごく短いものだけ

扱いを普通の風邪と同じにしないと、経済も人間らしい生活も崩壊し、なんのために生きてるのかよく分からない人生になる

コロナにかからないために生まれたのでも、生きるのでもないだろ?
なんのために毎日生きてるんだ?

ワクチン完成を前提に日々の我慢を正当化してるんだろうけど、出来なかったら貴重な時間を無駄にしたことになるんだぞ?

33 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/07/18(土) 00:11:06
>>32
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1594994836/
こんなのも

34 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/07/19(日) 01:04:21
>>33
https://www.sciencemag.org/news/2020/07/pandemic-virus-slowly-mutating-it-getting-more-dangerous
現在の状況

35 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/07/25(土) 20:13:29
https://agupubs.onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1029/2019GC008889
Changes in Crater Morphology Associated With Volcanic Activity at Telica Volcano, Nicaragua
First published: 16 May 2020
https://doi.org/10.1029/2019GC008889

大規模噴火に伴う火山の形状の変化は定量化できているが、
小さな噴火や火口壁の崩壊などバックグラウンド活動も形状の変化や大きさの変化を引き起こす可能性がある
その定量化について
ニカラグア西部の活火山テリカ火山での調査

36 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/07/30(木) 01:54:43
https://www.nature.com/articles/s41467-020-17330-1

Published: 28 July 2020

Aerobic microbial life persists in oxic marine sediment as old as 101.5 million years


凄いなあ!!

37 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/08/01(土) 21:20:55
The following is the established format for referencing this article:
Rousseau, J. S., J. D. Alexander, and M. G. Betts. 2020. Using continental-scale bird banding data
to estimate demographic migratory patterns for Rufous Hummingbird (Selasphorus rufus).
Avian Conservation and Ecology 15(2):2.
https://doi.org/10.5751/ACE-01612-150202
http://www.ace-eco.org/vol15/iss2/art2/
Using continental-scale bird banding data to estimate demographic migratory patterns
for Rufous Hummingbird (Selasphorus rufus)

毎年2%個体数が減少しているrufous hummingbirds (ハチドリの一種)

年齢性別の異なるカテゴリーは、代替ルートを使い、移動のサイクルや分布に違いがある
移動中の生息地の損失や気候などによって、年齢性別の異なるカテゴリーが異なる方法で影響を受ける可能性があることを示す

38 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/08/01(土) 21:24:23
こんなちっちぇーの!
https://www.nsf.gov/news/mmg/media/images/RN%20hummer.jpg

39 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/08/01(土) 21:26:57
識別の方法

https://www.everythingbirds.com/articles/rufous-hummingbird-identification-tips/

つったってこんなちっちぇーの
たいてい飛んでるし

40 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/08/01(土) 21:28:12
鳥って持つと心臓がドキドキしてるんだよな
もうそれでだめ
ちょっと力加減ミスったら殺しちゃいそうで怖くて

41 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/08/01(土) 21:29:43
子犬はしっかりしてそうでいいんだけど子猫も怖くて触れない

42 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/08/08(土) 00:03:02
子供を助けようとして親が溺れる原因 そして親子とも生還するためには?
斎藤秀俊 | 一社法人水難学会会長、国大法人長岡技術科学大学大学院教授
8/7(金) 10:00
https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohidetoshi/20200807-00192093/
https://megalodon.jp/2020-0808-0002-12/https://news.yahoo.co.jp:443/byline/saitohidetoshi/20200807-00192093/

43 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/08/11(火) 10:58:04
https://www.mbl.edu/blog/first-gene-knockout-in-a-cephalopod-is-achieved-at-mbl/
First Gene Knockout in a Cephalopod is Achieved at MBL
July 30, 2020
WOODS HOLE, Mass. —A team at the Marine Biological Laboratory (MBL) has achieved the first gene knockout
in a cephalopod using the squid Doryteuthis pealeii,
an exceptionally important research organism in biology for nearly a century.

The team used CRISPR-Cas9 genome editing to knock out a pigmentation gene in squid embryos,
which eliminated pigmentation in the eye and in skin cells (chromatophores) with high efficiency.

頭足類は、脊椎動物の中で最大の脳を持ち、瞬時にカモフラージュや洗練された行動が可能な神経系、
ユニークなボディプラン、メッセンジャーRNAで自分の遺伝子情報を広範囲に再コード化する能力を持つ

研究チームはCRISPR-Cas9ゲノム編集を用いて、イカの胚の色素沈着遺伝子をノックアウトし、目や皮膚細胞の色素沈着を高効率で除去した

44 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/08/13(木) 21:20:10
https://nazology.net/archives/66476
お湯が冷水よりも早く凍る「ムペンバ効果」のナゾが解明される!
https://www.nature.com/articles/s41586-020-2560-x


45 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/08/15(土) 10:12:10
https://www.nature.com/articles/s41586-020-2549-5
Published: 05 August 2020

New Guinea has the world’s richest island flora
13,634 species (68% endemic), 1,742 genera and 264 families
ニューギニア本島と諸島で植物相
13,634種うち68%が固有種
1,742 genera and 264 families

46 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/08/20(木) 11:26:54
http://www.govmu.org/English/News/Pages/MV-Wakashio-Daily-progress-
reports-submitted-by-salvage-master-says-Minister-Maudhoo.aspx

サルベージってこんなふうにやるんだなあという一例

47 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/08/22(土) 10:57:12
https://www.cell.com/current-biology/fulltext/S0960-9822(20)30995-7?_returnURL
=https%3A%2F%2Flinkinghub.elsevier.com%
2Fretrieve%2Fpii%2FS0960982220309957%3Fshowall%3Dtrue

Viburnum tinus Fruits Use Lipids to Produce Metallic Blue Structural Color
Published:August 06, 2020DOI:https://doi.org/10.1016/j.cub.2020.07.005

https://marlin-prod.literatumonline.com/cms/attachment/d729d4d6-e3b1-4213-823e-87c9b51cb983/fx1.jpg
ガマズミの仲間
ナノ構造体との光の干渉により、青みを帯びた色を出す
反射周期構造は細胞壁内に埋め込まれた球状の配列である
果実は脂肪質で、細胞壁に埋め込まれた造影相は脂質である
このメタリックブルーは鳥への信号になっている


48 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/08/25(火) 14:49:15
http://coqdor.web.fc2.com/company/index.html
https://web.archive.org/web/20200825054734/http://coqdor.web.fc2.com/company/index.html 


49 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/08/29(土) 19:36:38
Blue Whirl – a fire tornado burning soot-free
https://youtu.be/u71QpmObbhk
Researchers described a previously unobserved flame phenomenon:
blue whirl. Blue whirls evolve from typical yellow fire whirls,
but are smaller, very stable and completely blue, indicating soot-free burning.

Credit:
From fire whirls to blue whirls and combustion with reduced pollution
Huahua Xiao, Michael J. Gollner, and Elaine S. Oran
PNAS doi:10.1073/pnas.1605860113

の続き
https://advances.sciencemag.org/content/6/33/eaba0827
The structure of the blue whirl revealed
Science Advances 12 Aug 2020:
Vol. 6, no. 33, eaba0827
DOI: 10.1126/sciadv.aba0827



50 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/09/13(日) 15:51:43
Google mapsビジネスアイコンを消すフィルター
uBO用

||maps.gstatic.com/mapfiles/annotations/icons/$domain=google.com

51 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/09/13(日) 15:51:59
Google mapsビジネスアイコンを消すフィルター
uBO用

||maps.gstatic.com/mapfiles/annotations/icons/$domain=google.com

52 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/09/26(土) 16:23:11
https://boards.4channel.org/g/thread/77879263/soooo-windows-xp-source-code-leaked 



53 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/09/30(水) 22:17:13
https://agupubs.onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1029/2020JC016455
Shelfbreak Jet Structure and Variability off New Jersey Using Ship of Opportunity Data From the CMV Oleander
First published: 30 August 2020
https://doi.org/10.1029/2020JC016455

大陸棚外縁ジェット
https://ars.els-cdn.com/content/image/1-s2.0-S1674984717300204-gr1_lrg.jpg

54 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/09/30(水) 22:21:44
>>53
1994年から2018年の間に収集された1362の音響ドップラー電流プロファイラー(ADCP)速度断面を
オイラー座標とストリーム座標の両方の参照フレームで解析
シェルフブレイクジェットの平均構造とその季節から10年ごとの変動性を特徴付ける
オイラー平均シェルフブレイクジェットの最大噴流速度は0.12 m s−1
噴流速度の最大値は4月と5月にピークを迎え7月と8月に最小値
流線座標の枠組みではジェットが確認されたのは61%
平均流線座標のシェルフブレイクジェットの最大ジェット速度は0.32 m s-1
ニュージャージー棚に隣接するスロープ海に到達した湾岸流から発生した暖かいコアリングが
シェルフブレイクジェットをその平均位置から陸上に移動させるか
もしくはシェルフブレイクジェットの流れを完全に停止させることを示す

55 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/09/30(水) 22:25:54
ジェットは栄養塩の上昇と関連

2000年に入って、暖かいコアリングとして知られるガルフストリームからbreakする暖かくて塩分を含んだ水の渦が
ニューイングランド大陸棚の沖合でほぼ2倍
→シェルフブレイクジェット減速

56 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/10/08(木) 23:27:19
https://www.nature.com/articles/s41586-020-2742-6

Article
Published: 30 September 2020

Rate of mass loss from the Greenland Ice Sheet will exceed Holocene values this century

そのうち名前の通り緑の沃野に

57 :sage:2020/10/10(土) 01:28:12
旅客機に乗客が乗り込み、しばらくしても出発しようとしなかった。
1時間もした頃、機内アナウンスが流れた。
「こちらは機長で本機はエンジンにトラブルが見つかりましたので、離陸は中止いたします」
それを聞いた乗客は、散々待たされたイライラもあり、口々に「ふざけるな!」と叫んだ。

やがて再び機内アナウンスがあった。
「じゃあ、飛びます」
機内は大パニックになった。

58 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/10/10(土) 01:28:56
うわー俺としたことが

59 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/10/10(土) 02:05:25
笑顔の記録
しぇしぇしぇ
https://i.imgur.com/VfEuzFX.mp4
パーフェクトダーク
https://i.imgur.com/tWennPl.jpg
ヤマト
https://i.imgur.com/omQfizW.png

60 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/10/10(土) 02:26:12
(y^^y)
(*^^*)
(^^)v
 

61 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/10/12(月) 13:48:33
https://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/202010/0013772794.shtml
2020/10/11 05:30神戸新聞NEXT
ドラム缶にマミズクラゲ発生 枯れ葉に付いて池から移動か

 淡水に生息する「マミズクラゲ」が、兵庫県洲本市の民家の雨水受けに現れた。
生態に謎が多く、突然発生して数週間で消滅する珍しい生物といい、
住人の男性は「貴重なので消えてしまうまで楽しみたい」と観察を続ける。

 クラゲが見つかったのは今月5日。庭の散水用に雨水をためているドラム缶の中に直径2センチほどのクラゲが数匹浮いていた。
男性は「クラゲは海にいるものとばかり思っていたので驚いた」と話す。

 マミズクラゲの展示や研究などを行う滋賀県立琵琶湖博物館によると、クラゲの発生には水温変化が鍵を握る。
冬はイソギンチャクに似た姿で過ごし、水が温かくなる頃、繁殖のために体の一部がクラゲになるという。

 自然界での発生メカニズムはまだ分からないことが多いが、ドラム缶の中で見つかったことについて「
クラゲが発生した池から飛んだ枯れ葉や枝などに、くっついて移動してきたのでは」と推測している。(吉田みなみ)
https://i.kobe-np.co.jp/news/awaji/202010/img/b_13772795.jpg
https://i.imgur.com/XSbqTek.jpg


62 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/10/26(月) 23:24:04
ひょっこり男 成島明彦

63 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/10/27(火) 14:11:05
https://www.mdpi.com/2072-666X/11/9/861
A Tumbling Magnetic Microrobot System for Biomedical Applications
Micromachines 2020, 11(9), 861; https://doi.org/10.3390/mi11090861
Received: 10 July 2020 / Revised: 12 September 2020 / Accepted: 15 September 2020 / Published: 17 September 2020

小さな長方形のロボット、バク転で大腸内を移動
https://www.mdpi.com/micromachines/micromachines-11-00861/article_deploy/html/images/micromachines-11-00861-g002.png
https://www.mdpi.com/micromachines/micromachines-11-00861/article_deploy/html/images/micromachines-11-00861-g005.png

※側転もできます

64 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/10/27(火) 14:12:27
このロボットにターゲット部位に直接に薬を運ばせるのが目標

65 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/10/27(火) 14:14:02
外部から磁界で制御されてワイヤレスで動きます。

66 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/10/30(金) 22:14:01
https://pubs.geoscienceworld.org/gsa/gsabulletin/article-abstract/doi/10.1130/
B35677.1/592051/Raising-the-Resurrection-plate-from-an-unfolded

Research Article| October 19, 2020
Raising the Resurrection plate from an unfolded-slab plate tectonic reconstruction of
northwestern North America since early Cenozoic time
file:///C:/Users/ADMINI~1/AppData/Local/Temp/B35677_SuppMat.pdf
  

67 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/10/30(金) 22:19:23
新生代初期以降の北米北西部の地殻構造の再構成

68 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/10/31(土) 20:33:21
https://www.pnas.org/content/early/2020/10/13/1919139117
Global diversity of microbial communities in marine sediment
PNAS first published October 19, 2020; https://doi.org/10.1073/pnas.1919139117
海洋堆積物は地球表面の70%を占め、海水と同じくらいのバイオマスを保有。
しかし、海洋堆積物群集の分類学的多様性とその空間的分布については未だ明らかになっていない。
堆積物深さ0.1mから678mまでの全地球的に分布する40箇所のサンプリング地点から微生物の組成を調査した
種-面積関係モデルを用いて予測した全世界の海洋堆積物の分類群集の豊富さは、
古細菌では7.85×103〜6.10×105、バクテリアでは3.28×104〜2.46×106であり、
海水や表土の豊富さに匹敵することが明らかになった。

微生物分析のために凍結した堆積物コア。凍結したコアからDNAを抽出。
https://www.nsf.gov/news/mmg/media/images/RN%20seafloor%20microbes.jpg

69 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/11/18(水) 18:03:31
ひかりの輪 上祐史浩 官報
https://archive.fo/UjRju

ひかりの輪 東京高裁 2019年2月28日
https://archive.fo/LcXoS

70 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/11/18(水) 18:04:06
ひかりの輪 上祐史浩 官報
https://web.archive.org/web/20190423065546/https://super2ch.net/test/read.cgi/nandemoari/1554629078/l50?s2

ひかりの輪 東京高裁 2019年2月28日
https://web.archive.org/web/20190517131518/https://super2ch.net/test/read.cgi/nandemoari/1558015727/l50?s2

71 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/11/18(水) 18:04:37
ひかりの輪 東京地裁 2019年11月19日
https://web.archive.org/web/20191223110850/http://1ch.oroti.net/bbs/mibbs.cgi?mo=p&fo=0000&tn=0565

ひかりの輪
https://web.archive.org/web/20200627121519/http://1ch.oroti.net/bbs/mibbs.cgi?mo=p&fo=0000&tn=0568

72 :名無しさん@1ちゃんぬる:2020/11/20(金) 19:20:12
https://science.sciencemag.org/content/370/6517/687
現存する両生類は、ほとんどがホッピングするカエルやヒキガエル、
低く這うサンショウウオ、手足のないcaecilian類の3つのかなり単純な形態をしている。
更新世初期までは、1億6500万年以上もの間、albanerpetontid類というもうひとつのグループが存在していた。

トカゲのような爪、鱗、尾を持っているにもかかわらず、albanerpetontid類(略して「アルビー」と呼ばれる)
は爬虫類ではなく両生類だった。
その血統は、今日のカエル、サンショウウオとcaecilian類とは異なるもので、
少なくとも1億6500万年前にまでさかのぼり、約200万年前に絶滅。

9900万年前の琥珀化石のセットが、細長い正中舌骨要素を含む骨格と軟部組織を保存していて、
その先端は遠位の舌パッドに埋め込まれたままになっている。
この配置はカメレオンの長くて急速に突き出るスリングショット舌に非常によく似ている。
これはalbanerpetontid類が座って待ちスリングショット舌で獲物を捕らえる可能性を示唆し、
するとこの特殊な摂食様式の記録は約1億年前に遡ることになる。

73 :名無しさん@1ちゃんぬる:2021/01/15(金) 10:37:08
https://www.nature.com/articles/s43247-020-00078-3
The radius of the umbrella cloud helps characterize large explosive volcanic eruptions
Published: 04 January 2021
噴火源のパラメータ(特に噴火量や噴石の高さ)は、火山学者が火山の危険性評価や爆発的噴火の分類に利用している。
噴火源パラメータの推定には、重力的に広がる傘状雲からの複雑なテフラ堆積パターンなど、
様々な要因により大きな不確実性が伴うことが知られている。
この影響を調べるために移流拡散モデルを修正した。
このモデルを用いて、エクアドルのプルラグア2450BP噴火の気候相における噴出源のパラメータは、
これまでの推定値(噴火質量:1.5-5×1011kg、傘雲半径:10-14km、噴煙高さ:20-30km)と異なっていた。
このことから、大規模な爆発的噴火は、体積や柱の高さだけではなく、
体積と傘雲半径で分類するのがよいと考えられる
。衛星画像などの直接観測ができない場合には、
一つの数値モデルを用いて堆積物データから体積と傘雲半径を推定することに成功した。

30KB
新着レスの表示

名前: E-mail(省略可)